今週の作りおきとお弁当

今週の作りおきとお弁当 30年8月26日~9月1日の分です。

8月26日(日)
26august2018-01.JPG
26august2018-.JPG
作りおき…干し椎茸含め煮、大豆水煮(冷凍保存)、豆サラダ、小松菜を湯掻いたもの(葉っぱの部分だけ)、キャベツとしめじカレー炒め、にんじんきんぴら、卵焼き2個、豚汁(3日分)

午前中はヨガ教室。
この日の日記を見ると「牛の顔のポーズ(左手が上)の手が繋がらない。他の生徒さんが手こずる、鳩のポーズが問題なくできて、他の生徒さんが容易にこなす牛の顔のポーズができないのは、何が問題なのだろう」と悶々と苦悩の様子が(というほどでもないけど)
関係ないけれど、普段ヨガをしない人に「ヨガっぽいやつやってー」と言われて、鳩のポーズをやると「ヨガっぽーい」と喜ばれます(笑)
鶴のポーズのほうが、余程難しいのに、やってもあんまり喜ばれません。なんでやねん。


8月27日(月)
27august2018-01.JPG
お弁当…干し椎茸含め煮、にんじんきんぴら、キャベツとしめじカレー炒め、卵焼き、ご飯と梅干し


8月28日(火)
28august2018-01.JPG
お弁当…にんじんきんぴら(家人のみ)、豆サラダ、卵焼き(海苔入り)、小松菜おかか和え、プチトマト、漬物、ご飯と梅干し

益田ミリさん著「美しいものを見に行くツアーひとり参加」読了。
個人の手配旅行だと、航空券、宿、必要な場合はその他のアクティビティの予約を全部自分でこなさないといけませんが、ツアーなら代理店がすべてやってくれますもんね。こりゃ楽だわ。それから、どこに行くといくらかかる、ということが書いてあるのが親切だと思いました(ブラジル旅行、高いわー…。でも南米って憧れますよねえ!)
作中で著者が、年配のツアー参加者さんから贈られた「行きたいところは、遠くから行くのがいいのよ(略)」という一言が印象的。そうよね、人間、死ぬときに後悔することの一つに、もっと旅をしておけばよかった、というものもあるらしいので(いやもろろん、人によりけりですが)、猶更強く心に残りました。


8月29日(水)
29august2018-01.JPG
お弁当…焼き鯖、蒲鉾、豆苗お浸し、プチトマト、漬物、ご飯と梅干し


8月30日(木)
30august2018.JPG
お弁当…人参しりしり、大豆肉と舞茸の煮物、白菜と油揚げのお浸し、かりもり漬、プチトマト、ご飯と梅干し

ERIKOさん・著「暮らす旅びと」読了。
すごい人です。バイタリティに満ち満ちていました。そして、どんな状況からでもハピネスを見いだせる心のしなやかさ。
ちょっと困難が発生すると、すぐに心が折れる私は、彼女の爪の垢でも煎じて飲んだほうがいいな。いや、結構本気で。
作中では、様々な中南米の国が紹介されていました。小さく写真が掲載されていたベリーズのブルーホールがそれはそれは素晴らしい群青色でした。行ってみたい。そして、ここで潜ってみたいです。


8月31日(金)
31august2018.JPG
お弁当…(私の分だけです)冷凍庫に半端に残っていた冷食いろいろ、大豆肉と舞茸の煮物、かりもり漬、ご飯とゆかりふりかけ

毎金夜はヨガ教室の日。ですが、今週もお休みだったので撮りためたバラエティ番組を見ながらアイロンがけ。
狼7匹と暮らしていた激レアさんが強烈。家の中、すごそう…(いろんな意味で)


9月1日(土)
01september2018.JPG
お弁当…(私の分だけです)焼鮭南蛮漬け、キャベツアーモンド和え、おにぎり

もう9月…!
辛子色のシャツを追いかけて、電車に乗る季節です(古)

夜、「アントマン&ワプス」を見てきました。人が死ぬ瞬間がない(でも、見えないところで結構死んでる)ので気楽にみられる作品でした。アントマン(スコット)(ポール・ラッドさん)の愛娘・キャシー(アビー・ライダー・フォートソンさん)が可愛いやら、賢いやらで最高でした。そういや、作中で「すごいねー!」ってのを「super cool」と表現していたけれど、それって、フォーマルな表現では…なさげ。メールとか手紙とか、目上の方には使えないよねー…。
ええと、本編の感想は…

(ネタバレしますよ!)


時空を超えてワプス(ホープ)(エヴァンジェリン・リリーさん)のお母さん(ハンクの奥さん)・ジャネット(ミシェル・ファイファーさん)が帰ってきます。この時、移動装置からハンクがなかなか降りてこないので、!!と思ったら、生きてましたー。よかったわ。
同じく、ああよかったと思えたのが、ビル・フォスター(ローレンス・フィッシュバーンさん)がゴースト(エイヴァ)(ハナ・ジョン・カーメンさん。イギリスの女優さんです)のことを、最後まで守ると言ったこと。
ええ、全体を通して、様々な形の大きな愛の作品でした。
おまけのシーンで、ワプス、ジャネット、ハンクが灰のように消えてしまうのは、インフィニティーウォーでサノスが指ぱっちんした、とばっちりです。アントマンひとり、シュレディンガーの猫みたいな状態になってしまって、この先、どうやって物語を作っていくのでしょう…。
銀幕には「アントマンとワプスは帰ってくる…かも?」なんてふざけた字幕が出てましたが。

この記事へのコメント